Archive

Posts Tagged ‘Arduino’

Makeで知った電子工作産業の4つの事実

12月 5th, 2011

Make Tokyo Meeting

 
先週末、東京工業大学でMake Tokyo Meeting 07という、電子工作の祭典が行われていました。
もともとハード分野にも興味があって、前々から行きたかったのですが、Muji Note岩井さんが行かれるとTwitterで発見し、急遽合流することに。
会場でも終始、案内してもらいながら解説もしてもらったり、ものすごく参考&&楽しかったです!

ずっとWeb業界にいると知らない電子工作の世界を垣間見たので、驚きポイントをまとめます。

オープンソースハードウェアのArduino、5人で12億円の売上

arduino
イタリアから端を発したオープンソースハードウェアのArduino(アルドゥイーノ)ですが、そのコミッターの一人がMakeで講演されてました。
なんとほぼほぼ5人のチームで、40万台も販売されたとのことです。
だいたい1ユニット3000円とすると12億円の売上に。
すごい。。
実際、Makeの出店者の半数以上はArduinoを使ったものっぽかったです。
» Arduino Official

なお、Wikipediaによると、開発環境はProcessingベースで、開発言語はC/C++に風の言語を使用しているとのこと。

Arduinoなどのパーツを扱うショップが伸びているらしい

Makeでも多くの人が、展示と同時にマイコン、開発キットの販売を行っていました。
ある意味でソフトウェアのオープンソース配布に近いか。
その中でもアグレッシブな面白いパーツを取り扱う大手のショップSwitch Scienceが注目とのこと。
たしかに本当に多くの種類のパーツがある。。
Arduinoだけで175種類売ってますね。
» Switch Science

ちなみにロボット工学で一番先端をいっているらしい、千葉工大の人たちもマイコンを売ってました。
このスペックで安い!みたいな話をしてくれたのに、事前知識がなくてすごさがわからなかったf^^;
» Furo 千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター

見た目に重要な箱の外注を、1,000円くらいからできちゃう

emrge-plus
いわゆる外側というか、マイコンを格納する箱の部分を作るのが大変そう、というイメージがあったのですが、かなり安価に柔軟なものが作れると知って目からウロコ。
その造形方法も3種類あるとのこと。

・レーザー加工
アクリル板や木材などの平面材をレーザー加工して、部品を組み合わせて箱にする手法(上記写真)。
emerge+なら家の表札くらいの大きさなら300 1,000円くらいからやってくれるとのこと。
しかもイラレで加工データを作って納入するというお手軽さ。
[追記]ご指摘いただき最低価格の部分を修正しました。
» emerge+

・3Dプリンタ
0.1mm単位の細かい粒子を吹きつけて造形する手法。
Inter Cultureならデータをアップロードすると自動で見積もってくれて、最短7日で納品してくれる模様。
お値段は容積に比例しますが、4500円〜というプライシング。
» Inter Culture

・金型
とはいえ量産するには、上記二つの方法だと限界がありそう。
そんなときには金型を作って量産する方が安上がりとのこと。
金型作成は今protolabsがあついらしい。自動見積付き。
» protolabs

マネタイズできているプロジェクトはまだまだ少ない

Arduinoの登場でハードウェアプロジェクトが増えてきているように思えますが、まだまだマネタイズ出来てるプロジェクトは少ないようです。
そんな中、最近注目のハードウェアスタートアップをご紹介。

sassor
elp_lite1
コンセントにつなぐとその消費電力を見える化してくれるデバイス。
スマートグリッド。

Cerevo
pic_cerevocam_top2
最近はUstream配信のためのデバイスにも力をいれているCerevo。
デジカメの会社です。

ガラポンTV
garaopon-tv
テレビにつないで1ヶ月分の番組を録画し、携帯やiPadからワンセグ視聴できるHDレコーダー。
最近は、テレビの規格が同じのブラジル展開も狙ってる模様。

 
これを機会に来年のMakeに展示できるような新しい何かをあなたも作ってみては?

8maki survey, テクノロジー , ,