Archive

Archive for the ‘ビジネス’ Category

伊藤忠VC訪問メモ

2月 7th, 2008

なぜか伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式社長の安達 俊久氏に会ったので、メモる。

» http://www.ventureza.jp/vc/index010.php

なお、半分自分の私観が入っているので鵜呑みにしないように。
かつ好戦的な文章も含まれますが、ほとんど私の理解を極端に書いただけです。

大学の学者陣の大半はビジネスを知らなさすぎる
産学連携といいつつ、ほころびが生じ始めている。
彼らは企業の決済の仕組みを知らない。
平気で「研究費だけ企業に出させて権利は大学」という契約書を出してくる。

最近Japan Passingがひどい
もはや米VCが日本に出張に来ることは無い。中国・韓国がメイン。完全無視。
日本には料理を食べに来るだけf^^;

大企業がベンチャーと取引しない今までは部長決算レベルだったものが不景気により役員決算に。
よってベンチャーと大企業間の取引がより一層難しくなった。
また、ベンチャー自体のレベルも低い?

【参考】

――米国は中学生のレベルも高かった?
 そうですね。誰がこのプログラムを書いたんだろう、と感心すると自分より年下だったりすることもありました。中学生や高校生で会社を立ち上げる人も普通にいました。日本にもそういう人材はいますが、米国では技術的に大企業と太刀打ちできるレベルだったりします。
 米国と比べたとき、やはり日本が一番ネックになっているのは英語です。私も(天才プログラマーに選ばれたのは)ほかの人に比べて才能があったというわけではなく、ただ単に小さいころから英語が読めたというだけだったとも思います。日本では、例えば大きな書店に行っても、書棚にある一番難しい本ですらその分野の入門レベルでしかありません。
» 「真のゆとり教育」が生んだ18歳天才プログラマー

ドメスティック狙いのビジネスはグローバルビジネスになりえない
某SNSや某モバイルゲームの会社は日本では爆発的にヒットしたが、このモデルをそのまま海外に持っていってヒットするはずが無い。
となると、グローバルビジネス展開できる企業は差別化技術を持たないと厳しい?

大学側が少子化に伴いやたら院に入れたがろうとしている
特に理系はひどい。
某大学のライフサイエンス系の学科では、学部の研究室配属面接で「ドクター(博士課程)まで行くよね?」と圧力をかけてくる。
これはうちの大学でもそういうオーラはあった。
同時に、無思考で大学院に進む学生が多すぎる。

学生も大企業志向に学生も現金なもので、不景気を越えて大企業が再び採用しだしたら大企業に流れた。
ベンチャーに行く学生が非常に少なくなってしまった。
これでは人材不足でベンチャーが破綻するのが目に見えている。

日本のITはもはや成熟産業、と思っているVCは少なくない
日本ではITを中心にやっても、全然儲からない。
ここ10年で活気的な日本発ITベンチャーなんて皆無。
だからバイオとか半導体とか、いわゆるハイテクものに手を広げざるをえない。

技術者の必要性
とは言え、技術!技術!と叫ばれる昨今、圧倒的に技術者不足。
技術を分かってかつビジネスできる人の強さは尋常で無いかも。

・・・技術者っていいよね~w

【参考2】
» 港区赤坂四畳半社長:グローバルニッチ。日本人としてどこまでやれるか

8maki proposal, ビジネス, ベンチャーキャピタル, 未分類 ,

スター主義経営:プロが集まるパートナー制の組織とは

1月 17th, 2008

最近就活の話題ばかりですみませんf^^;
私は外資系の経営戦略コンサルティングファームとやらも受けているのですが、
「そもそも経営のプロである彼らは自分達の会社の経営はどうしているのか」
興味が沸いたので以下の本を読みました。

スター主義経営―プロフェッショナルサービス・ファームの戦略・組織・文化
ジェイ W.ロッシュ トーマス J.ティアニー 山本 真司
東洋経済新報社 (2007/11)
売り上げランキング: 62517
おすすめ度の平均: 3.0

3 まずまずかな うまくゆっている例に刺激されやる気になりそうだが・・・

プロフェッショナルサービス・ファームはパートナー制という組織体系を取っており、いわゆるトップダウン式とはまた別の運営組織なのですが、でもこれ、企業の今後の目指すべき組織体系に必要なエッセンスが多く含まれています。

パートナー制なんて人数が高々100人程度の組織でしか成り立たないんじゃないか、たしかに少数精鋭に適した組織体系だとは思いますが、大規模な組織でも適用できる部分がちらほら。

というのも、1994年に陸軍が提唱した「Force XXI(21世紀の軍隊)2」というビジョンを見てみると、あれだけ大きな組織を個人主導型にして成果を上げた、多くの変革が描かれています。

» REALCOM Quarterly VISION – 自己変革組織の実現による現場力強化

aligning_the_stars.png

各部隊がネットワークで結びついたネットワーク型組織に変化、直属の上官以外にも他の部隊とのコミュニケーションラインが張り巡らされており、従来トップに集中していた情報は組織全体で共有される。また、これまで本部だけが持っていた権限、例えば「ロケット砲を発射する権限」も末端の兵士に委譲、各兵士がリーダーとしての権限を持ち、目の前のチャンスを生かして戦闘に挑む。単に上官の指示に従っていればよかった時代とは異なり、各部隊の兵士には他の部隊と直接コミュニケーション・調整を行ったり、自分で情報を収集・判断した上で自律的に行動を決めたりといった高度な能力が求められる。それは、20世紀の「ピラミッド型軍隊」を超えた「21世紀の軍隊」であった。
今回のイラク戦から投入された「ランドウォーリアー」と呼ばれる完全情報武装化した兵隊は、各自が携帯情報端末を持ち、モニターには戦場のすべての情報が表示され、兵士は瞬時に状況判断できるようになった。このSFのような世界が、21世紀の兵士の姿なのである。

さて、ここで私が言いたいのは、プロフェッショナルサービス・ファームが掲げている「個々の能力を最大限に発揮して、組織全体で成果を挙げるための組織」も米国陸軍のように、大規模な組織でも可能ということです。

この本を読めば

・個々の能力を最大限発揮する組織とは?
・いかに優秀な人材をそろえるか?
・優秀な人材を取り仕切るリーダーに必要なことは?

といった経営者の永遠の課題のヒントが得られるかもしれません。

以下、私が印象に残った部分を列挙・コメントしたいと思います。

※そもそも私は『スター』を、卓越した個人の能力を持ちながら、チームワークを重視しファームの利益を最優先で考えられる人物、と定義します。

私が、初めて経営コンサルティング業界に足を踏み入れたときに、教えてもらったプロフェッショナルの定義は、必要条件としては、その道の専門性で卓越した仕事能力を持っていることと教わった。しかし、それだけでは、専門家と変わりは無ない。プロフェッショナルの十分条件は、個として、自立し、組織を離れても自らの力でクライアントと対峙して食べていけることであると教わったよ。

このようなプロ意識というのはあらゆる職に必要なのではないでしょうか。
もちろんジェネラリストを目指す方は別だと思いますが、プロを自負するからには会社の看板を超えたときにも評価されるだけのスキルが必要ということですね。

『調和』の取れたファームは競争に勝ち抜き、強固な財務体質を誇り、業界のリーダーとなるんだよ。

自立し、専門性のスキルに優れ、クライアントとのリレーションシップ作りにも長けたようなスター社員の『自分のやりたいこと』と、『組織の目指す方向性』が『調和』している、すなわち、経営戦略の面でのスターと組織の調和だな。

すばらしいファームでは、レインメーカーよりもスターメーカーを重視する。
レインメーカーとは、会社に契約をもたらす(雨によって地を潤すことから)存在で、利益の中心的存在となりますが、スターメイカーは、そういった利益をもたらすと同時に、若手を育てることに長けた人物のことです。
レインメーカーがファームを去ればそれだけで大打撃ですが、スターメーカーは会社に多くの利益をもたらす存在を作り出せるという点で、長期的に考えればより大きな収益に繋がる。
以上の文は、スターメーカーは、上手に調和を作り上げることが出来る、ということを表現しています。

ほとんどのファームでは、欲しかった採用候補者が入社しなかったり、若手アソシエイトが辞めていったりすることを、仕方ない現実だと考えている。 ~ しかし、卓越したファームでは、新しい人材を取り損ねたり失ったりすることを、良いクライアントを獲得し損ねたり失ったりすることと同じくらい幹部が心配し、それを防ぐためには同じくらい多大な努力を払うのである。

スターになりうる存在を加えられるか否か。
これがスターを中心に考えたファームで最も重視しないといけない項目のようです。

若手プロフェッショナルはそれぞれ特有のニーズを持ってはいるが、一般的に共通する要素もいくつかある。
①学ぶことへの強い意欲を持っている。
②常にキャリアの選択肢を持ちたいと思っている。
③ファームとの連帯感と仲間とのチームワークを重視している。
④プロフェッショナルとしての仕事の自立性にも価値を置いており、自分の仕事は自分の裁量で片付けるという機会を持ちたがっている。
⑤仕事と私生活のバランスを重視し、柔軟性を求める者もいる。

スターメーカーはこれらのことを十分良く分かっている。
同時にこの環境を用意すれば、彼らも応えようと一生懸命働く、ということです。
優秀な人材を獲得したい企業では、念頭に入れておくべき事項だと思っています。

PSF(プロフェッショナル・サービス・ファーム)にとって、リーダーシップとは、壮大なビジョンを提示したり感動的なスピーチをしたりすることではなく、他人を動機付けてファームの最善の利益になるようにファームの社員を行動させることなのである。

有能なリーダーは他の人々を尊敬し、信頼する。
パートナー制の経営集団というのは、一人の社長がいて権力の場所が分かりやすい、わけではなくて、パートナー間では全員がフラットな権限を持っています。(もちろんマネージングパートナーはいますが)
ですので、委員会という形で責任者を決めることが多いようです。新卒採用責任者など、持ち回りで担当したり。
つまり説得相手が上司なのではなく、同僚なので、お互いの信頼を重要視しているのです。

もちろんコメント部分に関しては私の感想なので、本書で述べられていないこともあるかもしれませんが、少なくとも私はこのように感じました。

とは言え、Amazonのレビューでもあるとおり、成功事例ばかり並べられていて、本当にそうなの?と感じる部分もあります。

ですので、全てを自分の会社でも実行できるか、というと微妙なラインではありますが、フラットな組織を目指す組織の方々には、何かしら得られるものがあるかと思います。

私も小規模ながらパートナー制の組織運営に携わっているので中々参考になりました。

8maki proposal, survey, ビジネス, 書評, 経営 ,

LLPの現在

10月 2nd, 2007

新会社法が施工されて一年以上たちましたね。
その中でLLPという事業設立形態が注目を集めています。

簡単に、LLP(有限責任事業組合)とは、

1.有限責任 出資者が出資額の範囲内で責任を負えばよい。
2.内部自治原則 出資額の多寡に囚われることなく、利益の配分や権限などを自由に決めてよい。
3.構成員課税 LLPは非課税。利益配分があった場合は、その出資者に直接課税される。
  引用:wikipedia

を特徴とする新しいタイプの事業形態です。

とは言え、色々とLLPと目にはしますが、実際のところどんな感じなの?と思い調べてみました。

LLP(有限責任事業組合)の設立状況 経済産業政策局 産業組織課によると、平成18年12月現在で約1600件の登記がされているようです。
また組合人数も
『最小単位である「2 名」が約40%、「3 名~5 名」も約40%と、併せて「2 名~5 名」の組合が約80%を占めている。』
とのこと。
やはり小規模な事業体が多いようですね。

では実際の事例を見てみます。

最近のITベンチャー界隈で一番有名なLLPは小林雅さんのケイ・アンド・カンパニーLLPではないでしょうか?
いきなり退社の報告をブログで書かれたのはセンセーショナルでした。そして形態がLLPっていうのにも注目。

» 小林雅のBlog: 退職のご挨拶と今後の活動

私はLLP(有限責任事業組合)を運営しているのですが、 LLPの制度の中に、利益の分配比率を自由に決めることができます。つまり、出資比率が1:99 でも利益の分配比率は20:80とかにできるということです。1%の出資でもその人の能力やコミットメントに対して20%の利益を分配するというものだ。ベンチャーキャピタルの構造もジェネラルパートナーは通常ファンドの1%を出資する。そして、Carried Interest (日本語では成功報酬となっているが、正確には報酬ではなく、1%の出資分に対する利益配分である)というキャピタルゲインの20%の利益配分を受ける仕組みも同様だ。
    引用: 小林雅のBlog: ベンチャー企業投資実務論:ベンチャーキャピタルなどから資金調達の留意点

将来、少人数のブティック型のVCファンドの設立も視野に入れてらっしゃるようで、個人の活動としてLLPを活用、資金を集めていかれるみたいです。
パートナーシップ型の投資体系を確立する上でLLPの利益分配比率の自由さは注目だったのかもしれません。

また、LLPは設立の手軽さも魅力の一つ。登記には約6万円くらいしかかかりません。
そこを突いて学校の授業の一環でとして活用したり、一プロジェクトとして作っている事例もあるみたいです。

» 商業高校、ビジネス奮闘 就業体験から「起業」した例も

» 日本で唯一のWeb版全国自転車マップ 始動!

最近のニュースを見てると、大手もLLPを活用している事例も結構出てきました。

去年の新会社法施行直後、NTTドコモや日テレがワンセグ関連のLLPを作ったのは記憶に新しいですが、マイクロソフトもNTTデータ・ニューソンと共同でパッケージ製品の開発販売のLLPを作りました。

米マイクロソフトが日本企業との提携戦略を転換する。日本企業との共同事業は株式会社ではなく、原則として「有限責任事業組合(LLP)」で展開する。第1弾としてNTTデータと共同でLLP「オープンキューブデータ有限責任事業組合」を設立する。LLPは2005年8月に解禁された事業形態。株式会社に比べて設立が容易な上に出資者間の権限や利益分配を柔軟に決められることから、合弁事業に適していると判断した。
    引用: 米マイクロソフト、日本企業との合弁でLLP活用

企業の提携としてもLLPは注目されているようです。

» NTTデータなど3社、「オープンキューブデータ有限責任事業組合」を発足

参考:
» NTTドコモ、日本テレビ、ケータイとTV融合に向け提携、共同でLLP設立

こんな感じで、盛り上がりを見せつつあるLLP。
LLP、パートナーシップでビジネス、これらの他にも色々な活用方法がありそうで、そういう意味でも注目の起業メソッドですね。

実際LLPについて詳しく知りたい方はドリームゲートに詳しく載っていますのでそちらを参照してみてください。

» 新たな事業体制度 「LLP」?ドリームゲート

8maki proposal, ビジネス, 法律, 社会, 経営 ,

ITベンチャーのスピードを速くする10の提案~エンジニア視点~

6月 14th, 2007

もうIT系のベンチャーでエンジニアとして働いてきて3年目となりました。
その中で思ったことをまとめてみたいと思います。

speed.jpg

photo from flickr.

ソースコード管理システムは必須かと

そこそこ分かるエンジニアに取っては当たり前のことですが、3人以上の人がいじるとなるとこのシステムは必要不可欠。間違えて他人のコードを上書きしてしまったときの悲しさといったら・・・最近ではSVNが主流のようですね。
ただ人数が2人以下とかだったら地道な手作業UPの方が速いかもしれません。

※ソースコード管理システムとは・・・
説明が難しいのですが、ようはメーリングリストのソースコード版と例えればいいでしょうか。メーリスではメールを投げると皆に届きますが、SVNでは自分のいじったソースコードを投げると、ある場所で他の人のものと比較・合併して皆で共有するというものです・・・という感じ?

逆にバグ管理システム等は使わない

細かいバグに追われてしまう気がしました。売り上げに直結するタスクは何なのか、優先順位をつけるという意志が薄くなってしまいがちです。ただ、大きめなシステムとなるとこういった類のツールは不可欠となります。そのような場合では、キューのように常に個人のタスクに順番をつけてやるといいと思います。

ノリが良い&&事業化に向けたフローが整っている

ITベンチャーではノリのよさが一番だと思います。「それいいね!とりあえず、やっちゃうか」。でもそれを具現化するプロセスを持っていないと頓挫してしまう可能性が高いので、早期に新規事業のフレームワーク作りをしておくと成長後に楽かと。基本的にベンチャー社長は事業を興すために起業したわけで、そういったことは得意のはず。他の人にも共有した方が良いと思います。

エンジニアにやらされている感じをさせない

自分から進んでバグを直すような風土が一番ですが、中々そうはいきません。その対策例の一つとして、googleでは見つかったバグを一番に直した人がamazonギフト券をもらえるという仕組みを導入しています。
また、上司や非エンジニアの人は頭ごなしにタスクを押し付けるのではなく、ちゃんとそのタスクが会社の何に貢献するか説明すると良いと思います。何事も説得&納得が重要。会社への貢献感は大事ですが、具体的にどのように貢献しているか把握できると仕事もやりやすいはずです。

ただマーケティング担当者が口うるさいのもプラスかも

正直、エンジニアはプロモーション等への意識が希薄だと思います。やはりマーケティングを専門にやっている人からのプレッシャーはある程度あったほうがいい。そうしないとダラダラと売り上げに直結しないようなタスクをしていまいがちに。
つまり、ある程度の「縛り」は、自由な環境の中でも必要だと考えます。

社内の情報共有がしっかり生きている

基本ですが、進捗報告、他人のやっていること・考えているこが分かるというのは非常にプラスです。それは上司と部下の間だけでコミュニケーションが取れればいいわけではなく、他部署の人でも閲覧できると良いと思います。その人がどのくらいできる人なのか一目瞭然で、自然な競争を生むからです。

自分がどう評価されているかを明確に”適宜”伝える

これはモチベーションの維持という点で非常に効果的だと思います。自分の行ったものに対する評価というものは気になるもので、「実装が速い」「仕事が丁寧」等の言葉をもらえたりすると自分の武器を認識し、さらにその武器を高めようと努力します。逆に怒られても、自分の欠点が分かり努力すべき部分が把握できます。(ここで努力しようとしないのはベンチャー向きでない?w)

タスクの〆切が明確

いつまでにやるべきことなのか、ダラダラを防止します。

居眠りは推奨すべき

私は仕事中でも短時間の仮眠は非常に効果的だと考えています。ダラダラと眠い中仕事をするよりかは、30分だけ寝て次からまた頑張った方が確実にいい仕事ができる。ただ、眠る場所や時間帯は工夫すべきかもしれませんね。

究極的には少人数がベスト

やはり小さいベンチャーはスピードが速い。何せ自分がやらないと何も進まないのでf^^;
人数が多かったらどうするか。そこはいかに少人数なチームでこなせるか工夫したいところです。例えばいじる箇所を完全に分ける等。

  
特に個人的には、”目的意識”、”売り上げへの意識”、”少人数”がポイントだと思います。効率的な社内システムというものには昔から興味があり、生涯の課題としたいと考えています。そのため、外資コンサル・VC業界に興味があるというわけなのですが・・・

とはいえ、まだ学生の身ですし、経営をしたことがあるわけではないので、あくまで末端のキャラから見た提案だとお考えください。まだまだ至らないものもあると思いますが、書くことに意義がある!w

何か「これは違う」「たしかにそうかも」等、フィードバックを頂けたら幸いです。

【関連】
東大経営の現実

【参考】
Joel on Software – ジョエル・テスト
ソフトウェア開発に必要な12に項目を挙げています。参考までに。

8maki IT, proposal, エンジニア, ビジネス, ベンチャー