Archive

Archive for 4月, 2012

Webサービスのヒアリングとリリース後のプロセスで大事なこと

4月 5th, 2012

昨日、Onlabでデザイン系のセミナーがあったようで。
Pirikaのkojimaさんがブログにまとめていて、すごく参考になったので転載させていただきます。

デザイン戦略

1.人から始める時にこの3つを考える事
①自分の周りにいる人達が意識していることを観察できているか
②ユーザーがこのプロセスがあったとして、そのプロセスを終えている理由とモチベーションは何なのか
③ユーザーがこの課題にあたっている時にどういうステップを踏んでいるか
2.話すのをやめ、作り出すこと
①プロトタイプを通して何を学びたいか
②一番早く学びたい事を学べるように何をすればいいか
③明日早く自分のチームとプロトタイプをつくるために今何ができるか
3.たくさんのプロトタイプを作ってそのほとんどを捨てる覚悟を持つ
4.できる限りの時間をスタートアップをやっていない人達と話す事に使う
①スタートアップ界隈以外の誰と会話しているか
②自分の持っているイメージ(家庭とは○○である、とか)が正確かどうかの検証をしているか
③文化にとけ込んでいるか
5.あなたの物語を人間味のあるものにすること

http://kojimafujio.tumblr.com/post/20464162723/elle-luna

ローンチ後の戦略

【ゴール設定】
ローンチする時に問いかける質問「なぜ僕はローンチするのか」
ローンチする時に、ローンチする目標を明確にしないといけない
「○○の数の人が○○をアップロードするプラットフォームを作る」というような目標
設定したゴールは大きな世界を変えるぞみたいなゴールではなく、小さくシンプルなゴールを作る
【KPIの設定】
自分の目標を達成できているかどうかのKPI設定
3〜5のKPIに集中すること、30個もあってはいけない
【ローンチ後のプロモーション】
TechCrunchに載る事を重視しない
大事なのは自分のサービスのターゲットユーザーが読んでるニュースサイトに載る事
【フィードバック】
サインアップするとパーソナルなメールが届く、スペルミスとかわざと入れる
onesheetの場合はonesheetにサインアップしてでもonesheetを作らなかった人に、アカウント作ったのに、onesheetをつくらなかったのはなんで?というメールを送った
こうすることで、凄く返信率が高く1/3の人が返信してくれた
ユーザーからフィードバックを取る時はシンプルにユーザーに問いかける
【QA資金調達について】
資金調達はできるだけあと
物を作って、そのアイデアが検済みの状態で資金を調達する
事業を展開している中でボトルネックが明らかになった時にVCから調達すべき

http://kojimafujio.tumblr.com/post/20463996322/brenden-mulligan

また、今ライフネットの岩瀬さんの著書、『ネットで生保を売ろう!』を読んでいて、事業計画を立てるための調査分析プロセスが面白かったです。

・「ネットで生保が売れるか?」という問題を「どういう属性の人なら買ってくれるか?」という問いに置き換えて、ペルソナを設定した
・海外の人脈をフル活用して、米国や英国のネット生保販売の事例を調査した
・個人ブログで協力を呼びかけ100名弱を対象としたネットアンケートを実施し、面白い回答をした人たちに個別で電話でフォローのインタビューを行った
・さらに何名か会議室に集まってもらい、かなり掘り下げたフォーカスグループインタビュー
・洞察が得られるためにホワイトボードに書き出して議論、整理した

特にB2Cのサービスにおいて、「ユーザーを大事に」と言うけれども、具体的なアクションがあまり出回っていない気がしますが、こういう当たり前の事を淡々とこなすだけなんだなー、と感じました。

ちなみに、最近身内で耳にするあすかアセットの谷屋さんの話がはじめ出てきていて、新鮮でした。

8maki IT, proposal, デザイン