Archive

Archive for 5月, 2010

DropboxのYCombinator応募フォームに見るハッカー達の起業感

5月 30th, 2010

以前、@hrjn がtwitterで言及していたのですが、2007年夏のDropbox創業者:Drew Houston(当時24歳)のYCombinatorに応募するときの応募フォームが公開されていました。
読んでみると向こうのハッカー達の起業感がにじみ出てたので、気付きをまとめます。
個人的にDropboxは、自分が起業する場合のロールモデルかな~と思ったり。

» Y Combinator Funding Application – Dropbox

印象的な質問はこの5つ。

# Please tell us in one or two sentences something about each founder that shows a high level of ability.
(それぞれの創業者はどんなハイレベル能力を持っていますか?)
よく起業は、「何をするか?」よりも「誰とするか?」が重要だ、という話を聞きます。
もちろん「何をするのか?」も重要で、フォームの中でも1番目の質問はこの手の質問なのですが、2,3番目に創業メンバーに関する問いが続いている当たり、日本よりも細かく創業メンバーのスキル・人柄が見られている気がします。

# For founders who are hackers: what cool things have you built? (Include urls if possible.)
(創業者にハッカーがいたら、彼はどんなクールなモノを今までに作りましたか?)
生粋のハッカーであるPaul Grahamが創立したYCombinator”らしさ”が出る質問。
これ対してDrewの答えがまたSVチックw

Programming since age 5; startups since age 14;
(5歳の時のプログラミングを初めて、14歳のときに起業した。)

# How long will it take before you have a prototype? A beta? A version you can charge for?
(プロトタイプを作るまでにどのくらいの期間がかかりましたか?)
Paul Grahamは、サービスを作るときは3ヵ月で作れ、と言っていますが、スタートアップはスピード感が命。
個人的にも、ほとんどのサービスはそんなに時間かけずに出来てしまう印象があって、一つのことにフォーカスできるエネルギーが起業には最も重要なのかも。
Dropboxのプロトタイプは、別の会社で働きながらも8週間でできたそうです。

ちなみに伊藤譲一は1ヶ月半で作れ、と言っていたようなw

# Which companies would be most likely to buy you?
(もしあなたの会社を買収するとしたらどの会社?)
# If one wanted to buy you three months in (August 2007), what’s the lowest offer you’d take?
(もし3ヵ月以内で買い手が現れたら、最低いくらで応じますか?)
これは向こうならではの問いですよね。
M&Aマーケットが盛んなシリコンバレーでは、Exitとしてバイアウトは自然に出てくる発想。
日本では中々難しい選択肢ですが、グローバルに打って出る!という気概のある日本のテクノロジーベンチャーであれば、むしろバイアウト狙いの方が現実的な選択肢のような気がします。

そして、Drewの解答の中にも面白いセンテンスがいくつか。

My friend and roommate (redacted) from MIT is helping out too, but he works with me at Bit9, and a non-solicit clause in my employment contract prevents me from recruiting him (and the VP Eng explicitly told me not to recruit him.)
(私のMITからの友人とルームメイトも助けてくれていて、彼は今Bit9で私と働いていますが、私と会社との雇用契約から彼を雇うことができません。)

契約で引き抜きとかが禁止されているんですね。
起業が盛んなシリコンバレーでは当然なのでしょうか。(あるいは、ただの雇用契約をきっちり決めるという向こうのやり方なのか。)

In any case, I have several leads, have been networking aggressively, and fully intend to get someone else on board — either another good hacker or a more sales-oriented guy (e.g. the role Matt fills at Xobni). I’m aware that the odds aren’t good for single founders, and would rather work with other people anyway.
(とにかく、積極的にネットワークを広げて、他の人に加わってほしいと思っています。できれば優秀なハッカーかビジネス系の人(XobniのMattのような)が。私は一人で起業することは不利だと思っており、とにもかくにも他の人と一緒に創業したい。)

私も一人で起業するよりも、数人で役割分担しながら起業した方が良い気がします。
もちろん他のメンツが入れ替わっても一人でもやりぬく、という強靭な意志も必要ですが、互いに切磋琢磨でき、質の高いモノを作るための議論が行え、何より気の合う仲間と働くのは楽しい。

Paul Grahamも下記3つの理由からSingle Founderは勧めていません。
・自信の無さの表れだから。自信があるなら他の人を巻き込みなさい。
・一人で会社を運営するのは大変だし、自分の判断をチェックできるシステムが無い。
・結束力が起業を強くする。
» The 18 Mistakes Than Kill Startups

ちょくちょく向こうの起業家話を聞いたり、読んだりするとテンションが上がります。
下のFacebookの本もすげー生々しくて面白かったです。

8maki proposal, シリコンバレー, ベンチャー ,

Web系企業の従業員一人当たり売上高ランキング

5月 25th, 2010

最近、「小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則」という本で話題の、37signalsのブログで、Web系ハイテク企業の従業員一人当たりの売上高ランキングを出していました。

rev_emp_graph

» Ranking tech companies by revenue per employee – (37signals)

The Calacanis/DHH discussion touched on the idea that web companies should pay more attention to unique visitors per employee. The theory: That ratio forces you to get away from talking sheer size/traffic and instead focus on efficiency.

この記事で、Web企業はもっと従業員一人当たりのユニークユーザー数に注意を払うべきだ、という提案がされています。
はじめはAlexaのランキング順位で比較していたみたいですが、AmazonとGoogleのトラフィックはそもそも中身が異なるということで、年間売上を比較していました。

よく自分の給料の4倍は稼げ、と言われたりしますが、Craigslistは神としても、一人当たり1億円くらい稼いでいるGoogleやAmazon、Facebookは非常に効率のよい体質なのが分かります。

では、日本企業はどうなのか?

日本企業は事業効率が悪いという印象があったのですが、実際のところどうなのか、同じ指標を用いて調べてみました。

日本のWeb企業の従業員一人当たり売上高ランキング

revenue-rank

No. 企業名 従業員数(人) 売上高(百万円) 一人当たり売上高(百万円)
1 グリー(株) 118 13,945 118.17
2 (株)ディー・エヌ・エー 442 39,030 88.30
3 (株)CHINTAI 108 9,244 85.59
4 ヤフー(株) 3,560 250,240 70.29
5 (株)ザッパラス 149 9,612 64.51
6 (株)ファンコミュニケーションズ 129 8,016 62.13
7 (株)一休 47 2,790 59.36
8 (株)サイバーエージェント 760 42,442 55.84
9 (株)ミクシィ 247 13,600 55.06
10 (株)カカクコム 229 12,067 52.69
13 楽天(株) 2,625 113,555 43.25
19 クックパッド(株) 58 1,083 18.67

(売上高や従業員数はYahoo!ファイナンスから抜粋)

時価総額が100億円を超えるWeb系企業の、従業員一人当たりの売上高ランキングをグラフ化しました。
(理想的には営業利益で比較すべきですが、上記米国企業と比較するために売上高でランキングをしています。)

示唆

・グリー、DeNA当たりは、最近のびっくり決算から見ても当然のように思えたが、意外にヤフーが健闘、一休が少ない従業員ながら大手に引けを取らない売上を上げる良い企業体質っぽい。

・たまにGoogleが「一人当たり1億稼いでる!」というのをニュースやブログで目にするが、日本企業と比較してもそこまで非現実的な数値ではない。
(Googleのすごいところは、従業員が19,835人もいる、ということかもしれません。)

・向こうのYahoo!やebayと比較しても、圧倒的に日本企業が劣っているというわけではない。
もちろん業界の平均を比較してみないと結論は出ませんが、向こうのメジャーな企業と比較してもトントンな企業も多いというわけです。

・とは言え、Craigslistのような一人3億円稼ぐようなバケモノ企業は、今のところ日本には無い。
上場していない企業もあると思いますが、さすがに数十億稼いでいて従業員数が1桁、っていうのはあまり見たことがありません。
※ngi groupが従業員を8人としていることもあり、数値上そのような構造になっていましたが、売り上げの多くが投資から来ていそうな点と、一気に従業員を減らした点から例外だと思われます。

8maki survey, 企業 ,

今のiPadでできること・できないこと2

5月 20th, 2010

先日の記事、「今のiPadでできること・できないこと」が割と好評だったので、書き漏らしを追記します。

なんか半分以上、アプリの紹介になってしまいましたが・・・f^^;

画面の向き固定
デュアルディスプレイ化
日本の雑誌の購読
リモートデスクトップ/Linuxへのアクセス

画面の向きの固定

ipad2-hold

地味に知ってる人が少ない画面の向きの固定機能。
右側の側面に、音量調節スイッチの上にHOLDスイッチが付いてます。
iPhoneではHOLDができないため、寝転がると向きを変えてしまってすげー不便、と言う声は良く聞いていたのですが、iPadでは解決しています。

デュアルディスプレイ化

ipad2-dual

iPadをディスプレイとして使っちゃおうという使い方。
iDisplayというアプリを使えば、PCとWifiを通じて外部ディスプレイとして使うことができるようです。
Gizmodeで詳細なレビューがされています。
4月初旬段階ではまだまだバグが多いようですが、今ならもう直ってるかな?
あと、AirDisplayという拡張ディスプレイ用のアプリも、今週中くらいに登場予定。

日本の雑誌の購読

ipad2-maga

ちょうど昨日リリースされたマガストアというアプリが凄いです。
日本の雑誌をiPadでダウンロードして、読むことができます。
値段はだいたい、本誌の100円引きくらい。
AERA週刊NewsweekF1速報というマニアックな雑誌も扱っています。

中身はというと、雑誌のデータをまんま画像データとして入れた感じ。
見開きなどは見れませんが、いちいち本屋に行かずに買え、どこでも読むことができるので重宝しそうです。

リモートデスクトップ/Linuxへのアクセス

ipad2-remote

LogMeIn Ignitionというアプリを使えば、会社や家のPCのデスクトップにアクセスできるようになります。
¥3,500と割高ですが、かなり人気のアプリのようです。

また、iSSHというアプリは、LinuxへのSSH接続機能を提供しています。
これらを使えば、開発関連のタスクをすべてiPadで行うことができるようになるかもしれませんね。
もちろん、iPadのキータッチ入力だとプログラミングはしにくいので、BlueToothの外付けキーボードの接続をオススメしますが!

8maki IT, proposal, サービス

今のiPadでできること・できないこと

5月 17th, 2010

mixi日記には書きましたが、4/26~5/1まで、WWW2010という学会に参加するためにアメリカに行っておりました。
ついでながら、近くにApple Storeもあったため、iPadを何個か買ってきました。

一番初めに使った衝撃が、「ノートPCを持ち歩かなくて済む!」という印象でした。
ちょうど2週間くらい使ってみて、本当にノートPCの代替として使えるのか、現状何ができて何ができないのか、タスク内容に応じてまとめてみました。

※なお、画像は全てiPad本体でキャプチャしたものです。

タッチキー入力
メール/カレンダーチェック
Webブラウジング
本・雑誌・新聞
iPadアプリ
音声通話
カメラ
外部出力
その他

タッチキー入力

iPhoneみたいに結構めんどいのではないか?というのが、懸念として大きかったのですが、案外入力しやすいです。
というより、横に倒してキーボードを大きくすると、本当に普通のキーボードの8割くらいの速度で打てます。
縦の場合、持って両親指二本でタイプする感じですね。

ipad-key

メールを打ったり、メモを書いたりというときにはあまり不自由しません。
ただ、プログラミングといった細かい文章作業は難しいように思えます。
また、十字キーもないので、文章の途中選択、コピー&ペーストはiPhoneと同じくめんどい。。。

メール/カレンダーチェック

・メール
メールのリーダーもデフォルトで入ってるものがあります。
ローカルに保存したい(オフラインでも見たい)場合はこちら。

しかし個人的に、圧倒的にGmailをWebで見た方が使いやすい。
メールのスレッドもちゃんと折りたためたり、開いたりできますし。
メール操作はほとんど不満がありません。

ipad-mail

・カレンダー
こちらは逆に、Web版のGoogle CalendarのUIはクソでした。
なぜか、週での表示ができない。

カレンダーはiPad付属のカレンダーを使っています。
こちらのテクニック↓を使えば、複数のカレンダーを表示できます。
カレンダーも不満無し。
» iPadで複数のGoogleカレンダーを表示させる方法

ipad-cal

Webブラウジング

基本的に、普通のWebブラウザと変わらない感じです。
ただ、タブ(?)が9個までしか開かず、それ以上開こうとすると上書きされてしまうので注意が必要。
操作性、表示は全く問題ありません。
縦で表示するといくらか縮小されますが、横で表示するとほとんどのサイトが等倍で表示されます。

ipad-safari

また、PCで見ていて「あとで読む」記事をiPadに送る、という操作も便利です。
Evernoteでそういうプロセスがあるそうですが、完全にオフラインの状態だと中々開かなかったりしてちょっと不満。
そこで私は、pdfdownloadというサイトで、指定のサイトをPDF化してiPadに入れています。
結構めんどいっちゃめんどいですが、じっくり読めるので長文ブログやニュースは全部PDFに落としています。

本・雑誌・新聞

iBookやKindleアプリを使って、英語の本は基本的に読めます。
PDF化した本も、PDFリーダーアプリを使って読むことができます。
また、Wall Street JournalやTime、New York Timesなど、メジャーなアメリカの雑誌も購読することができます。

日本の場合、i文庫というアプリを使って青空文庫という、著作権切れの本を自由に読むことができます。
日本の雑誌はまだ見たことがありませんが、新聞では、産経新聞がiPhoneアプリを出ていて、それを2倍拡大することで結構読みやすくなっています。
追記: 日本の雑誌も読めるようになりました。 » 今のiPadでできること・できないこと2

ipad-mag

iPadアプリ

現状あまり良質なアプリがあるとは言えない状況です。
電子書籍(雑誌)、ゲーム、メモ帳(手書き可能)などがやはり主流となっています。

また、ややこしいことに、iPadアプリをiTunes経由で見るには米国アカウントが必要で、さらに米国アカウントだとクレジットカードを登録できないため、米国でしか見れない有料アプリは買えない状態です。
例えば、各ドキュメントアプリのKeynoteやNumbers(Excelのような表計算アプリ)も米国でしか見れないため、落とせない。。。
ただ、普通の有料アプリは、日本のアカウントでも検索してダウンロードすることができるので、重宝しています。
この問題は、日本発売と同時に解決されることでしょう。

こちらのサイトから、各カテゴリ毎のアプリランキングを見ることができます。
» iPadアプリのカテゴリ別ランキングリスト – もとまか日記

音声通話

iPadには電話機能は付いていませんが、マイクとスピーカーが内蔵されているので、Skypeアプリ(iPhoneアプリ)を使えば不自由なく音声通話も行えます。
この際なので、Skypeのクレジットも買ってしまいました。
20円/分くらいで携帯電話にも通話ができます。
ただ注意が必要なのが、3G回線ではSkypeは使えないようです。

» Skype – Skype 日本語ブログ – Skype for iPhoneの3G通話対応について

カメラ

標準装備はされていません。
なんか上部にMacBookと同じタイプのカメラっぽいのが付いているんですが・・・
いずれファームウェアかなんかがUpdateされると使えるようになるのか?
追記: 輝度センサーらしいとのこと。

ちなみに、Camera for iPadというアプリを使えば、iPhoneで取った写真・動画を無線経由でiPadに表示する、ということはできるみたいです。

外部出力

iPadのオプションツールとして、VGAアダプタがあります。
要はiPad内のコンテンツを、出力するために必要なコネクタです。
ただ、出力には注意が必要。
基本的に表示できるコンテンツは、以下に限られるようです。

 ・ビデオ、Youtube、Safariで表示しているビデオ
 ・写真(スライドショー)
 ・Keynote
 ・Safari上のWebページ(アプリ使用)

» iPad:iPad Dock Connector – VGA アダプタの互換性について

その他

・ドキュメント編集:
OfficeのWord、Excel、Powerpointのようなアプリを、AppleがPages、Numbers、Keynoteというアプリで、それぞれ$10くらいで販売しています。
ただ、アカウントの問題からまだ購入できていません。
Google Docsは問題なく扱えます。

・印刷
デフォルトの機能としては、まだ無いようです。
下記記事を見るといずれ実装されるみたいですが・・・
とは言え、ネットワーク経由で印刷できるアプリはいくつかあるみたいです。
» アップルのS・ジョブズ氏、「iPad」への印刷機能実装を肯定か–米報道

・ラジオ
radikoというiPhone用のアプリを使って、FMラジオも聞くことができます。
バックグラウンドでの再生もできて便利。(Safariのストリーミングページを立ち上げる)

まだまだ未知数なところが多いiPad。
日本発売が楽しみですね。

続きを書きました→今のiPadでできること・できないこと2

8maki IT, proposal, サービス