Home > survey, テクノロジー > 同心円をうまく使った2次元グラフ – 「情報の可視化」への一つのヒント

同心円をうまく使った2次元グラフ – 「情報の可視化」への一つのヒント

6月 17th, 2009

ちょっと新しい感じの2次元グラフを発見したので紹介します。

what_world_mps_really_make

» What World MPs Really Make

ようは、「各国の政治家がどれだけ給料をもらっていて、どれだけ良い政治をしているか?」というグラフです。

評価軸として、以下の2軸を使っているのですが、その表現方法が面白い。

  • 一人当たりGDPに対する政治家の年収の倍率(2倍、4倍等)
  • 国の競争力の指標 - DCI(The Democracy Index)やHDI(UN’s Human Developing Index)等

年収は中心から離れれば離れるほど割高で(同心円)、国の競争力は右側の黄色いラインから反時計回りに離れれば離れるほど低い、と表現しています。

今はG20、つまり先進主要国だけ黄色くラベルづけしています。↓
日本はその中でも、競争力はそれなりで、政治家の給料はだいぶ割高と言うことができます。(一人当たりGDPの6.12倍)

what_world_mps_really_make_

一見してどういう軸なのか、説明を見ないとわからないグラフですが、普通の縦横の2次元グラフで表現してしまうと、政治家の給与と国の競争力の「相関関係」が目立ってしまいます。

この指標では、相関関係よりも(実際、相関関係は無いようですし)、国同士の比較の方が重要で、 「比較的割安で競争力の高い国はCanadaやAustraliaだ。ではどんな政治システムなのか?」といった気づきが得られやすいグラフだと感じました。

» How Much Are Politicians Around the World Paid, and How Effective Are They?

Similar Posts:

8maki survey, テクノロジー , ,

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.