Archive

Archive for 2月, 2009

最新ブラウザに見る昨今のJavascript事情

2月 17th, 2009

先日、会社で勉強会を行いました。 私がモデレーターを仰せつかったので、最近ひたすら実装に使っているJavascriptについて調査。

下記の動画を元に、各ブラウザの新バージョンの比較と、昨今のJavascrip事情についてシェアしました。

前半では、各ブラウザの新バージョンについて比較しています。簡単に表にまとめてみます。↓

  リリース 新機能
Firefox 3.1 2009年春
  • パフォーマンスの向上
  • ビデオ/オーディオタグの追加
  • プライベートモードの追加
Safari 4 OS X 10.6 に合わせて
  • パフォーマンスの向上
  • デスクトップアプリケーションとしての機能向上
  • ACID3にパス
  • Revampled dev tools の追加
Internet Explorer 8 2009年初旬
  • バックグラウンドでの処理
  • Web Clips機能の追加
  • タブごとにプロセスが動作
Opera 10 2009年予定
  • ACID3にパス
  • ビデオ/オーディオタグの追加
Google Chrome 2008年11月に1.0リリース
  • プライベートモード(シークレットモード)
  • タブごとにプロセスが動作

注目すべきは、IE8 もタブごとのプロセス動作になる、ということでしょうか。 加えてFF3.1 とOpeara10で、ビデオ/オーディオタグがサポートされます。そうするとFlashで動画を見る必要もなくなるかもしれませんね。

Firefox 3.1では、オープンソースのオーディオコーデック「Ogg Vorbis」およびビデオコーデック「Ogg Theora」に対するネイティブサポートが追加される見通しだ。また、新版ではこのほかに「HTML5」がサポートされるもようで、これによりFirefox 3.1では音声および動画のhtmlタグが機能するようになる。

» 「Firefox 3.1」ベータ版リリースは8月19日を目標に–「HTML5」をサポート:ニュース – CNET Japan

 注目の速さに関しては、以下のようなグラフで説明されていました。ちなみに3種類のツールで出した結果のひとつです。(見にくいですが、Chrome b1 > Safari 4.0 > Firefox 3.1 > Firefox 3.0.1 > Safari 3.1.2 > Opeara 9.5.2 > IE 8b2 > IE 7 となっています)

browser_speed

また、動画の後半では、新しく導入されるJavascriptの新機能(新関数)の紹介がされています。

  特徴 対応ブラウザ
postMessage 別のiframeに対してメッセージを送れる。 全ブラウザ
Cross-Domain XHR クロスドメインでも扱えるXMLHttpRequest FF3.1/IE8
Class Name getElementByClassNameによるエレメントの取得 Safari3.1/FF3.0/Opera9.6
Selector API document.querySelectorAll(”div p”)のようにエレメント取得を簡易化 IE8/Safari4/FF3/Opera10
Traversal API エレメント間の移動の簡易化(.nextElementSiblingなど) 全ブラウザ
HTML5 Dragging HTML5のドラッグ&ドロップイベントをサポート FF3.1
Bounding getBoundingClinetRectメソッドにより、エレメントの絶対位置を取得 IE
Javascript Threads Javascriptのスレッド化  

特筆すべきはやはりJavascriptのスレッド化ですが、うちの社長いわく、「Javascriptをスレッド化したらDOMの処理とかめんどくさそうだよね」とのこと。ロックでもかけたりするのでしょうか。本動画の例でも、3D画像の描画を使っていて、DOMの扱いは触れられていませんでした。(もしかしたら口頭でしゃべってたかも)

とはいえ、Javascriptも日々進化しており、本格的にJavascriptを中心としたブラウザの開発が進んでいることが実感される動画でした。

ちなみに、スピーカーのJohn ResigさんはjQueryの作者としても有名みたいです。Mozilla でJavascriptのエバンジェリストとして働かれているようで、Javascriptのプロですね。

8maki survey, テクノロジー , ,

Livemocha,iKnow,Lang-8でネット語学を効率的に

2月 3rd, 2009

最近まで卒業研究で死んでたのですが、やはり海外の論文を読むのに&研究室の留学生の方とのコミュニケーションのために英語が必須となっております。

また、海外のベンチャー事情を調べるにあたり、英語だけでなく中国語やロシア語にも手をつけ始めました。

最近は質の高い語学サイトが充実していて、やり方によっては読み書きはこれでかなり上達できるのではないでしょうか?そこで今回は、最近見つけた Livemocha と、おなじみ iKnow 、そしてLang-8 を使ってみて比較しました。

比較結果

Livemocha

livemocha-top

海外発の語学サイトなのですが、日本語に対応しています。しかもかなり色々な言語に対応しており、対応言語は随一の語学サイトかもしれません。

まず『習う』からコースを始めます。ここでは単語の勉強やリスニングといった、いわゆる一般的な勉強を行えます。

ただこのサイトの特筆すべきところは、コースで課題を提出できるところ。ライティングでは、お題を出されて、それに沿った文章を書き、提出することができます。↓

livemocha2すると、提出言語が得意な人たちが課題にコメントをくれます!提出する際に、得意な人たちにお願い(自動でリストアップされます)メッセージを送ることもでき、すぐさまコメントを残してくれることもしばしば。もちろん私も日本語の課題をレビューすることが望ましいので、自分の課題提出時に、別の人の課題をレビューするようになっています。このように、お互いのレビューをかなりpushして行う仕組みになっています。

また、海外発なので、英語ユーザーの多いこと!これは日本初のサービスに比べるとうれしいところです。

さらに、スピーキングの課題も提出でき、発音の練習ができる数少ないサービスです。

iKnow

iknow-topiKnowは去年から有名ですよね。CEOの方が、かなり個性的で印象的でしたw

iKnowはコミュニケーションというよりも、単語・熟語学習に特化したサイトと言えます。もちろん、日記を書く機能もあり、他の人がコメントをくれたりしますが。

 

コースはかなり充実していて、英語を日本語で学ぶコースは80個もあり、自分の興味ある分野を見つけることができます。ビジネスや留学向けのものが特に充実しています。「プロの英語(ファイナンス編)」はかなりちんぷんかんぷんでしたf^^; 難易度も幅広くそろっていて、語彙力アップには最強のサイトではないでしょうか?

iKnowを運営している会社は、かなり記憶力定着の研究をしているようで、本当に覚えやすいです!

最近は中国語など他の言語にも対応しており(コースはまだありませんでしたが)、今後も期待できるサイトです。

Lang-8

lang8-top

相互添削型SNS とうたっているだけあって、かなりコミュニケーション色が強いです。仕組みはいたってシンプル、日記を書くとその言語の得意な人が添削してくれる、というものです。

 

でも添削エディタが非常に充実していて、添削インタフェースはとても使いやすいです。添削ってなかなか表現が難しいのですが、1文1文分けて表示できるなど、細かい部分で工夫がなされています。

また、SNSのトップページに自分の得意な言語の日記が出てくるなど、相互添削する仕組みも充実しています。何でも、

Lang-8に投稿された日記の9割が常時添削されているという。しかも、早いものだと数分、遅くとも1日以内には日記が添削されるというから驚きだ。

とのことw via ひとりで作るネットサービス

3サイト比較

  Livemocha iKnow Lang-8
語彙 ×
英語コースの単語はまだ貧弱に思えます。まだコース自体も充実しておらず、座学的に単語を覚えたりするのは向かない? やはりコースの充実っぷりは群を抜きます。語彙形成はiKnowで十分!  
リスニング ×
内容自体は語彙と同じコースを利用するのですが、設問形式なのでやりやすいです。 「Dictation」機能はかなりリスニング力が鍛えられます。  
ライティング
課題の提出は分量も少なく、毎日やるにはちょうどいい感じです。 単語を打つ機能はありますが、文章を書くというシーンはあまりありません。 自分の好きな文章を書けるので、かなり融通が利きます。もちろん論文など重すぎるものは難しいかもしれません。日記なので他の人ともコミュニケーションしやすい。
スピーキング × ×
課題ではスピーキングも行えます。とはいえ、文章を読んで発音をチェックしてもらう、というものになります。    

個人的にはいかのような使い分けが一番いいかな、と思います。

  1. 毎日、Livemochaで課題を提出する。
  2. 毎日、iKnowで単語を覚える。
  3. 長めの文章を書きたいとき、あるいは友人を作りたいときはLang-8を駆使。

ただ、ほとんど勉強したことのない言語は、まずiKnowで単語を覚えたほうがいいかもしれませんね。

8maki Web, proposal, survey, 海外, 語学 , , ,