Archive

Archive for 10月, 2007

電○のコピーライターの方と会った

10月 19th, 2007

先日、ある方の紹介で電○のコピーライターの方とお会いしました。

まあ、面白い方で、芸術家の素養とビジネスマンの素養を両方兼ね備えた方でした。
以下、ご本人が特定できない程度に、ポイントをまとめてみました。

引用以外は全て私の考えです。

電○は実はふところが深かった

面接でかわいげがないね、と言われて「別にかわいげのあることをしゃべりにきたんじゃないですけど。」とキれて面接官と喧嘩してしまった。けれどもちゃんと次の選考に進み、入社することができた。なんて懐の深い会社なんだと思った。

ちゃんと見てる人は見ているんですね。
受ける前はお高くとまったいけすかない企業、というイメージだったのに入ってみたら全然違って、懐の深い人が多いと。
筋が通っていればちゃんと聞いてくれる人がいる企業は魅力的です。

コピーライターという職

常に考えることだよ。一日一回は何か疑問を持って絶対に解決しようとする。例えば、バーで「あちらの人へ」って本当にやる人はいるのだろうか?とか(笑。実際にバーに行って試したりしてみたw他にも、自分は何て呼ばれたいのだろう?とか。こういう考えることが大事。

これは全ての職業にいえることだと思うのですが、観点が面白いですね。
完全に人に関連するところですよね。
さすが、広告代理店の方と言いますか、人に対して何か影響のある言葉を考える人独自の視点っぽくて新鮮でした。
コンサルでは、常に目に見える店の売り上げUPの方法を考えてたりする、というのは良く聞くのですが、こういう観点から思考を進めるのもいいですね。
その方は話してるときでも我々含め、店内のほかの人も知らないうちに観察されているようでした。

芸術とコピーライト

私が「芸術って存在そのものには意味がない。でもこれだけ歴史があり人々を魅了している。今後はものづくりなどシステマチックな部分にも芸術のように無条件に人を感動させる要素が必要ではないか?」と言ったら、このようにおっしゃっていただきました。

青臭くていいね。たしかにそういうのも必要かもしれない。
ただ、やはりシステムと芸術は隔たりがあると思っていて、芸術は自分の表現を妥協することなく完全な形で生み出さなければならない。そこに見る人の思考の余地ってないんだよね。作者が表現したことをそのまま味わう。
でもコピーライトをはじめ、ビジネスが関わってくると自分のためというよりかは、人のためにやることが大半で、そこには自分の完全なる表現っていうのは入れることができない。だけれども、俺が考えるコピーライトでは、読む人に色々な考えを呼び起こし、その商品に対するイメージや考えに何か変化を与えることができたらいいと思っている。
それに芸術家って基本的に金持ちだからね。思考に余裕がないといい芸術なんて生まれないでしょ?そういう点でシステムの人は仕事で余裕が無いことが多いからクライアントにいいものを出せばよくて、それ以上の考えは難しいかもね。

なるほど。たしかにその通りで、初めて生粋の芸術家の視点に立った方の意見を聞いた気がしました。
私は芸術をなめていたのかもしれません。
もっとビジネスよりにできるのではないかと。とは言え、その可能性を全否定するのもいけないことなので、これからは新しい目で芸術とつきあっていきたいですね。

飲み会やらコネ入社について

今回は、広告代理店希望の友人を誘ってOB訪問としても赴いたのですが、○通の社内に関して。

飲み会は大丈夫?結構、激しいよ(笑。上司の靴に酒つがれて飲まされるから(笑。でもそれ自体はいいかどうかわからんけど、人を楽しませる、という精神は広告代理店には必須だよね。サービス精神。
あと、コネ入社うんぬんって話は結構あるけど、コネ入社の人って実はすごいんだ。何々社長の娘って小さい頃から色々な社長やお偉いさんと会い、既に見る世界が違っていて、交渉術も培っていたりする。それって「起業して交渉術を培いました!」と言っているのと同じで、広告代理店には必要。無下に「コネ入社だから」って人やその体質を批判するのはおかしいよね。

飲み会の激しさは入ってみないと分からんっていうのもありますが、コネ入社に対するイメージが一新しました。
実際コネ入社の人会ったわけでもないのに、コネを完全否定っていうのはいかんかったかもしれません。
知らず知らずのうちに出るくいは・・・的な発想になっていたのかも。
まあ中には本とだめな人もいるかもしれませんが。

以上、基本的におもしろくて、頭も良い方だったので賛美の文章になっているかもしれませんが、でも純粋に私が感じたことをまとめてみました。

しかし、こういった面白い人にどんどん会えるっていうのは学生の特権かも知れませんf^^;

8maki proposal, キャリア, 八巻, 精神 ,

ウェブサービスインターフェース勉強会でしゃべらせてもらいました

10月 8th, 2007

今回、百式の田口さんがデザイナー集めて勉強会やる、ということでなぜか僕がしゃべることになりました。

» 『ウェブサービスインターフェース勉強会』へのお誘い

全2時間の中、はじめに僕が十数分話して、次にbebitさんのWEBユーザビリティ事例紹介、最後には会議といういつもの感じです。

僕のターンでは、『出会い系に見るWEBインターフェースの今後』というテーマで、以下の4サイトのコミュニティサイトとしてどんなおもしろい機能、インターフェースがあるか、サイトレビューのような形で進めました。

詳しい内容は参加者の方がブログで書かれているので割愛。

「ウェブサービスインタフェース勉強会」に行ってきた。 (treasuring misc.)

Webインターフェース勉強会に参加してきました (ちきんぶれいん.com)

にゃりんこ: 金曜日の勉強会。⇒ 翌日の朝練。

100_1986.png

とは言えコンテンツはほとんど田口さんが用意してくれたようなもんなので、僕はいかにうまく伝えるかに専念。

プレゼンはそこそこ慣れていたと思うほうなのですが(学生にしては)、人からお金をもらって(今回は¥1000)人前で話すというのがどれだけプレッシャーがかかるか、思い知りました。

いや、別にプレゼン自体の緊張感が増した、というわけではなくやはり、それなりのコンテンツを提供しないといけない、というプレッシャー。
ITイベントにいってつまらんかった、という経験もありますし、お客さんの満足度が低かったらどうしよう、っていう部分が一番怖かったです。
まあどっちにしろかなり緊張はしましたがw

飲み会や帰り際には「よかったよ」「面白かった」というお声もいただきましたが、精進必須!
田口さんからの反省メールでは

プレゼンは100点だったが、120点にするには「期待させる言葉」を効果的に使うと良いね。あと、声のトーンに強弱つけようねー。

といただきましたが、所詮学生にしては。プロとして話せるようになるにはまだまだ遠い。
「いかにうまく伝えるか」の視点も欠けていました。

高みを目指すものにとって人前で話すという壁は避けては通れないませんし!!w

8maki IT, proposal, survey, イベント, デザイン, 八巻 , ,

LLPの現在

10月 2nd, 2007

新会社法が施工されて一年以上たちましたね。
その中でLLPという事業設立形態が注目を集めています。

簡単に、LLP(有限責任事業組合)とは、

1.有限責任 出資者が出資額の範囲内で責任を負えばよい。
2.内部自治原則 出資額の多寡に囚われることなく、利益の配分や権限などを自由に決めてよい。
3.構成員課税 LLPは非課税。利益配分があった場合は、その出資者に直接課税される。
  引用:wikipedia

を特徴とする新しいタイプの事業形態です。

とは言え、色々とLLPと目にはしますが、実際のところどんな感じなの?と思い調べてみました。

LLP(有限責任事業組合)の設立状況 経済産業政策局 産業組織課によると、平成18年12月現在で約1600件の登記がされているようです。
また組合人数も
『最小単位である「2 名」が約40%、「3 名~5 名」も約40%と、併せて「2 名~5 名」の組合が約80%を占めている。』
とのこと。
やはり小規模な事業体が多いようですね。

では実際の事例を見てみます。

最近のITベンチャー界隈で一番有名なLLPは小林雅さんのケイ・アンド・カンパニーLLPではないでしょうか?
いきなり退社の報告をブログで書かれたのはセンセーショナルでした。そして形態がLLPっていうのにも注目。

» 小林雅のBlog: 退職のご挨拶と今後の活動

私はLLP(有限責任事業組合)を運営しているのですが、 LLPの制度の中に、利益の分配比率を自由に決めることができます。つまり、出資比率が1:99 でも利益の分配比率は20:80とかにできるということです。1%の出資でもその人の能力やコミットメントに対して20%の利益を分配するというものだ。ベンチャーキャピタルの構造もジェネラルパートナーは通常ファンドの1%を出資する。そして、Carried Interest (日本語では成功報酬となっているが、正確には報酬ではなく、1%の出資分に対する利益配分である)というキャピタルゲインの20%の利益配分を受ける仕組みも同様だ。
    引用: 小林雅のBlog: ベンチャー企業投資実務論:ベンチャーキャピタルなどから資金調達の留意点

将来、少人数のブティック型のVCファンドの設立も視野に入れてらっしゃるようで、個人の活動としてLLPを活用、資金を集めていかれるみたいです。
パートナーシップ型の投資体系を確立する上でLLPの利益分配比率の自由さは注目だったのかもしれません。

また、LLPは設立の手軽さも魅力の一つ。登記には約6万円くらいしかかかりません。
そこを突いて学校の授業の一環でとして活用したり、一プロジェクトとして作っている事例もあるみたいです。

» 商業高校、ビジネス奮闘 就業体験から「起業」した例も

» 日本で唯一のWeb版全国自転車マップ 始動!

最近のニュースを見てると、大手もLLPを活用している事例も結構出てきました。

去年の新会社法施行直後、NTTドコモや日テレがワンセグ関連のLLPを作ったのは記憶に新しいですが、マイクロソフトもNTTデータ・ニューソンと共同でパッケージ製品の開発販売のLLPを作りました。

米マイクロソフトが日本企業との提携戦略を転換する。日本企業との共同事業は株式会社ではなく、原則として「有限責任事業組合(LLP)」で展開する。第1弾としてNTTデータと共同でLLP「オープンキューブデータ有限責任事業組合」を設立する。LLPは2005年8月に解禁された事業形態。株式会社に比べて設立が容易な上に出資者間の権限や利益分配を柔軟に決められることから、合弁事業に適していると判断した。
    引用: 米マイクロソフト、日本企業との合弁でLLP活用

企業の提携としてもLLPは注目されているようです。

» NTTデータなど3社、「オープンキューブデータ有限責任事業組合」を発足

参考:
» NTTドコモ、日本テレビ、ケータイとTV融合に向け提携、共同でLLP設立

こんな感じで、盛り上がりを見せつつあるLLP。
LLP、パートナーシップでビジネス、これらの他にも色々な活用方法がありそうで、そういう意味でも注目の起業メソッドですね。

実際LLPについて詳しく知りたい方はドリームゲートに詳しく載っていますのでそちらを参照してみてください。

» 新たな事業体制度 「LLP」?ドリームゲート

8maki proposal, ビジネス, 法律, 社会, 経営 ,