Home > IT, proposal, エンジニア, ビジネス, ベンチャー > ITベンチャーのスピードを速くする10の提案~エンジニア視点~

ITベンチャーのスピードを速くする10の提案~エンジニア視点~

6月 14th, 2007

もうIT系のベンチャーでエンジニアとして働いてきて3年目となりました。
その中で思ったことをまとめてみたいと思います。

speed.jpg

photo from flickr.

ソースコード管理システムは必須かと

そこそこ分かるエンジニアに取っては当たり前のことですが、3人以上の人がいじるとなるとこのシステムは必要不可欠。間違えて他人のコードを上書きしてしまったときの悲しさといったら・・・最近ではSVNが主流のようですね。
ただ人数が2人以下とかだったら地道な手作業UPの方が速いかもしれません。

※ソースコード管理システムとは・・・
説明が難しいのですが、ようはメーリングリストのソースコード版と例えればいいでしょうか。メーリスではメールを投げると皆に届きますが、SVNでは自分のいじったソースコードを投げると、ある場所で他の人のものと比較・合併して皆で共有するというものです・・・という感じ?

逆にバグ管理システム等は使わない

細かいバグに追われてしまう気がしました。売り上げに直結するタスクは何なのか、優先順位をつけるという意志が薄くなってしまいがちです。ただ、大きめなシステムとなるとこういった類のツールは不可欠となります。そのような場合では、キューのように常に個人のタスクに順番をつけてやるといいと思います。

ノリが良い&&事業化に向けたフローが整っている

ITベンチャーではノリのよさが一番だと思います。「それいいね!とりあえず、やっちゃうか」。でもそれを具現化するプロセスを持っていないと頓挫してしまう可能性が高いので、早期に新規事業のフレームワーク作りをしておくと成長後に楽かと。基本的にベンチャー社長は事業を興すために起業したわけで、そういったことは得意のはず。他の人にも共有した方が良いと思います。

エンジニアにやらされている感じをさせない

自分から進んでバグを直すような風土が一番ですが、中々そうはいきません。その対策例の一つとして、googleでは見つかったバグを一番に直した人がamazonギフト券をもらえるという仕組みを導入しています。
また、上司や非エンジニアの人は頭ごなしにタスクを押し付けるのではなく、ちゃんとそのタスクが会社の何に貢献するか説明すると良いと思います。何事も説得&納得が重要。会社への貢献感は大事ですが、具体的にどのように貢献しているか把握できると仕事もやりやすいはずです。

ただマーケティング担当者が口うるさいのもプラスかも

正直、エンジニアはプロモーション等への意識が希薄だと思います。やはりマーケティングを専門にやっている人からのプレッシャーはある程度あったほうがいい。そうしないとダラダラと売り上げに直結しないようなタスクをしていまいがちに。
つまり、ある程度の「縛り」は、自由な環境の中でも必要だと考えます。

社内の情報共有がしっかり生きている

基本ですが、進捗報告、他人のやっていること・考えているこが分かるというのは非常にプラスです。それは上司と部下の間だけでコミュニケーションが取れればいいわけではなく、他部署の人でも閲覧できると良いと思います。その人がどのくらいできる人なのか一目瞭然で、自然な競争を生むからです。

自分がどう評価されているかを明確に”適宜”伝える

これはモチベーションの維持という点で非常に効果的だと思います。自分の行ったものに対する評価というものは気になるもので、「実装が速い」「仕事が丁寧」等の言葉をもらえたりすると自分の武器を認識し、さらにその武器を高めようと努力します。逆に怒られても、自分の欠点が分かり努力すべき部分が把握できます。(ここで努力しようとしないのはベンチャー向きでない?w)

タスクの〆切が明確

いつまでにやるべきことなのか、ダラダラを防止します。

居眠りは推奨すべき

私は仕事中でも短時間の仮眠は非常に効果的だと考えています。ダラダラと眠い中仕事をするよりかは、30分だけ寝て次からまた頑張った方が確実にいい仕事ができる。ただ、眠る場所や時間帯は工夫すべきかもしれませんね。

究極的には少人数がベスト

やはり小さいベンチャーはスピードが速い。何せ自分がやらないと何も進まないのでf^^;
人数が多かったらどうするか。そこはいかに少人数なチームでこなせるか工夫したいところです。例えばいじる箇所を完全に分ける等。

  
特に個人的には、”目的意識”、”売り上げへの意識”、”少人数”がポイントだと思います。効率的な社内システムというものには昔から興味があり、生涯の課題としたいと考えています。そのため、外資コンサル・VC業界に興味があるというわけなのですが・・・

とはいえ、まだ学生の身ですし、経営をしたことがあるわけではないので、あくまで末端のキャラから見た提案だとお考えください。まだまだ至らないものもあると思いますが、書くことに意義がある!w

何か「これは違う」「たしかにそうかも」等、フィードバックを頂けたら幸いです。

【関連】
東大経営の現実

【参考】
Joel on Software – ジョエル・テスト
ソフトウェア開発に必要な12に項目を挙げています。参考までに。

Similar Posts:

8maki IT, proposal, エンジニア, ビジネス, ベンチャー

  1. 6月 14th, 2007 at 13:17 | #1

    ごちそうさまでした。

    ”目的意識”、”売り上げへの意識”、”少人数”
    のうち、”目的意識”と”売り上げへの意識”を強化したいと思います・・・。

  1. No trackbacks yet.