Home > 未分類 > CIO vs. コンサルタントベンダー

CIO vs. コンサルタントベンダー

cio.gif

あなたは、コンサルタントを上手に「使える」か // CIO Magazine

この記事を読んで、自分のキャリア:大手外資コンサル志向に翳りが見えた。

 それらの会社(5大コンサルベンダ)、ここ数年、ITにまつわるユーザー企業のメガ・プロジェクトを一手に引き受けてきた。。
だが、今や、彼らに対するユーザーの信頼は急激に低下している。。
その注文に、現在多くのCIOが、本来大規模なプロジェクトを小規模なサブ・プロジェクトに分割して独力で運営したり、仮にコンサルティング・ベンダーに依頼するにしても要求を厳しいものに変えたりといった対抗策を取り始めているのだ。

CIO Magazineの2003年6月号の記事だそうだが、日本でも高額なコンサルに対しての拒否反応が見えつつあるのを感じる。

今まで私はCIOへのキャリアとして、外資コンサルに勤めてみたい、という心持であった。
» 外資コンサルへの覚悟
» 外資コンサルの智恵
しかしこれほどコンサルに対して不信感を抱いているCIOがいようとは。

 また、プロジェクトがスケジュールや予算を守って完了したか、あるいはどれほどの成果を上げたかといった“結果”に関係なく、コンサルタントがプロジェクトに費やした“時間”を基準に報酬を受け取っていくことに、不満を抱いているCIOも少なくない。
 コストや料金設定の問題は、ユーザーの“コンサルタント不信”を引き起こす最大の元凶となっている。
 だが、正式な採用が決まったとたんに、エメラルドは、見積もり額を一気に1,500万ドルにまで跳ね上げた。同社は、仕事を獲得するために当初見積もりをわざと低めに設定していたのである。

やはりコンサルティング料の”高さ”に問題があるようだ。
ユーザー企業がコンサルティングの高さに気づき始めている。
それも初期費用だけでなく、「採用してみたら結局高くついていた。」という結果からも不信感が募っている、というのである。

これは少なからずとも外資コンサルに、約束された高給与を期待できなくなってきている、ということではないか。
たしかにビジネスの性質から価格競争に陥ることは無いと思うが、よりシビアな目でコンサルの給与について議論されるのは明白だ。
外資コンサル志望理由の一つとも言える「高い給料」というのも考え直さなければならない局面になってきている。

そして、この記事を読んで最もはっとさせられたのがこの一文。

 「経験豊富な“やり手”もやっては来るが、頭が良くて口は達者だがソフトウェアへの理解が浅く、プロジェクトが進む中で学習を積もうというようなやからも多かった」(同氏)
 業界関係者の間では、コンサルティング・ベンダーのこうした姿勢は“スクール・バス効果”と呼ばれている。経験不足のコンサルタントがユーザーから報酬を得ながら研修をこなし、やがて“それなり”の人材に育っていくことを揶揄したものだ。
 こうした事態が一般化している背景には、人材不足に陥った大手コンサルティング・ベンダーが、大学を出たての若年者を雇い始めたことがある。これにより、ユーザーとコンサルタントの間の能力が“逆転”してしまったわけである。

事実、アクセンチュアなんかは日本でも、最近かなり多くの新卒採用を行っている。

外資コンサルを志望する理由の一つに、「入社して即実践で成長できる。」というのが挙げられると思うが、逆に言えば、これは「入社直後は特に実績は無いけど、ユーザー企業を利用して成長してまえ。」的なことにならないだろうか。

それではユーザー企業の信頼を得られず、結局中途半端な結果に終わってしまわないだろうか。
お互いに。

とまあ思ったことだけをつらつらと書いて結論がない。
来年就活で外資コンサルも考えている人、一緒にこの問題を考えてみようぜ!

 それでは、コンサルタントを使いながら重要なメガ・プロジェクトを首尾よく成功させるために、CIOがなすべきことは何なのだろうか。以下、お勧めできるアプローチをいくつか紹介しよう。
【強力なプロジェクト・マネジメントを】
 まず、第1のアプローチは、IT部門がプロジェクト・マネジメントの能力を磨くということだ
【TPOに応じた料金契約を】
 また、プロジェクト・マネジメントを行うために必要な体制を組めない企業の場合には、料金体系を工夫することをお勧めしたい。固定料金や成果分配、上限設定といった仕掛けが、見えないプロジェクト・マネジャーとして機能してくれるだろう。

【番外】
コンサルタントを効果的に“使う”ための10カ条 // CIO Online

【関連】
外資コンサルへの覚悟
外資コンサルの智恵

Similar Posts:

8maki 未分類

  1. 4月 9th, 2007 at 19:35 | #1

    たしかに考えさせられるわな。外資コンサルを考えていたしね。

  1. No trackbacks yet.