Archive

Archive for 4月, 2007

箇条書きの美学~9個のポイントと行頭記号~

4月 24th, 2007

今『新ウェブ・ユーザビリティ』という本を読んでいます。
その中から。

箇条書きにすると、ページ右側が余白になりやすいため、視線の動きが左側に固定され、各項目が目立ちやすくなる。通常の文中で項目を並べるよりも注目率は高い。実際、通常分よりも箇条書きの方がユーザビリティは47%も高いという調査結果もある。

と、ありますが、早速以上の文を箇条書きしてみましょう。

  1. 箇条書きにすると余白が生まれやすい。
  2. 視線の動きが固定され、各項目が目立つ。
  3. 文中よりも各項目の注目率が高い。
  4. ユーザビリティが通常文に比べて47%高い。

読みやすい、といいうよりもわかりやすさが格段に上がったのではないでしょうか。

では、箇条書きを書く上で注意するポイントを本と自分の観点から9個。

1.4項目以上ある場合は、通常文の中に並べるよりも箇条書きにする。

 これは上で書いたとおりです。
 文章だと、項目が段落や文の数と同じになってしまいかねません。
 項目がいくつかあったらそれらを強調してわかりやすく。

2.箇条書きの前にリード文を付ける。

 例えば、「注意するポイントは以下のとおりです。」のように。
 箇条書きの表題ですね。特に箇条書きを複数用いる場合は必須です。

3.箇条書きはインデント(字下げ)する。

 こうすることで他の文との差別化ができます。

4.行頭記号(・や番号など)の後ろにスペースを空けすぎない。

 行頭記号から最初の文字までの距離があると、視線の移動が多くなって読みにくい。

5.各項目の書き出しに同じ語句をくり返さない。

 ・箇条書きで注意すること
 ・箇条書きはすばらしい
 ・箇条書きの悪い点

 ほら、見にくい。
 
6.各項目のいいまわしや表現方法には一貫性をもたせる。

 ・最新情報を閲覧する
 ・同世代の活動状況
 ・コンテスト
    ↓
 ・最新情報を閲覧する
 ・同世代の活動状況を知る
 ・コンテストに出場する

 上の例では、1番目は「できること」ですが、2,3番目は「できること」を意味する表現ではありません。

7.文中で行頭記号と同じ記号を用いると体裁が崩れる。

 ■ 行頭記号が●の場合
 ■ 行頭記号が■の場合
 ■ 行頭記号が●や■といった記号ではなく番号の場合

 なんか気持ち悪い気がします。
 極力同じ記号、特に強烈な記号を用いるのは避けましょう。

8.項目文の長さを調節する。

 ・20文字以上の項目文を用いる場合
 ・極端に少ない場合
 ・項目文が10文字の場合
    ↓
 ・極端に少ない場合
 ・20文字以上の項目文を用いる場合
 ・項目文が10文字の場合
 
 上のものより下のほうがすっきりします。
 もちろん順番があったら工夫しなければなりませんが、特に詰まった感のある箇条書きの全体の形って大事なのです。

9.ページ内の箇条書きを何箇所も使用すると、箇条書きの効果が薄れる。

 この記事もやたら箇条書きしていて多少読みずらいかも。

また、行頭記号に何を用いるかも重要なポイントです。

■ は見出し的な使い方多いと思います。
 行頭記号の中では最も強力な記号です。

● も強力な記号です。
 見出しでは四角を用いた方がしっくりくるという意見の方が僕の周りでは多いですが。
 仕様といった強調部分(ポイント)の列挙でよく目にします。

・ 最も一般的なもの。
 単純な項目の箇条書きに適しています。

» (»)リンクの参照によく使います。
 百式メソッドw。しっくりきていい感じです。

なお、箇条書き:リストタグを用いることはSEO対策にも向いています。
(以上の例はリストタグを用いていないときのものです。)

以下にいろいろな種類のリストタグ用のCSSが載っていますので興味がある方は見てみてください。

» list-style-type-スタイルシートリファレンス

箇条書きをうまく使うことで格段に読みやすさがアップします。
皆さんも独自の箇条書きテクニックを探してみてください。

【関連】
百式さんの手直し例集から学ぶうまいブログ記事タイトルのつけ方

新ウェブ・ユーザビリティ
Jakob Nielsen Hoa Loranger 斉藤 栄一郎
MdN (2006/12/01)
売り上げランキング: 82733

8maki 未分類

DiggのTopページに載る10の方法+5のポイントw

4月 23rd, 2007

digg.gif
SEOBLACKHATというブログの「10 Steps to Guarantee You Make the Digg Front Page」という記事が話題になっていたようです。
こちらのブログでも言及されています。

いくつかおもしろかったのでピックアップ。
自分の視点も加えつつ。

リストやチュートリアルで目を引こう。

 ブログの読者なんて5分も見やしません。
 Diggの皆は簡単ですばやい、あらゆる問題に対する解答を求めているのです。

Diggについて書こう。

 DiggはDigg自体が大好き。
 人々はKevin Rose(Diggの作者)にアピールするのです。
 「ほら!Diggに関するエントリーだよ!みんなこぞってDiggしてるよ!」、と。
 きっとボーナスポイントがつくでしょう。実際、Kevin Roseはほとんどその記事について言及しませんが。

アップルのファンにアピールしよう。

 アップルの話はいつもDigg上でにぎわっています。
 アップルが屁をこいたら、Diggのみんなはその臭いにコメントせずにはいられないのです。

地球温暖化に関する悲しい記事なんて書くな。

 誰もそんな話は欲していません。
 クレームを支持するためだけのでっちあげ証拠の話ばかりなのです。
 もしDiggされるとしたら自分たちが何か地球温暖化に貢献した気分になれるような記事くらいでしょう。

Firefoxをほめたたえよう。

 Firefoxに関する話は、どれもそこそこおもしろいのです。
 プラグインしかり、greasemonkeyしかり。

びっくりするような専門外の統計を作ろう。

 一般の人はこれを証明すべなんてありませんし。
 もちろんオタクが引っ掻き回すかもしれませんが。

なるべく広い範囲のグループを批判しよう。

 あえて皆がコメントしてくるような爆弾を投下するのです。
 記事の終わりまで読んで誰も怒らせることができないくらいの文章力なら、この方法はあきらめましょう。

ロードするのに時間がかかるツールを紹介しよう。

 その間にDiggしてくれるはずです。

・・・するどい皮肉ですね、と。

8maki 未分類

【18禁】アナゴさんの『穴ゴーゴーゴー!』

4月 21st, 2007

衝動的に書いてしまいましたw

まったくもって意味がわからん。

穴ゴーゴーゴー! シーズン1

石田タカフミ&竹内康晃さんが声真似で作られたそうです。

ニコニコ動画をはじめ動画文化は浸透しつつありますが、個人発のオリジナル動画ってまだまだ少ないですよね。
(この場合著作権はどうなのか・・・)
デジカメが浸透して写真をUPする(ブログに張ったり)のが当たり前になったように、動画撮ることが普及したら新たなエンターテイメントやサービスが生まれそうです。

gooラボの「携帯動画パノラマ実験」という試験サービスも個人が動画をUPしてくるようになるサービスを作りたい、というコンセプトだそうですし、今後もモバイル周りでも動画関連でおもしろい展開が期待できそうですね。

» ITmedia +D モバイル:ケータイ動画をパノラマ写真に gooが実験

シリーズ2

ちなみにアナゴさんは京都大学卒らしい。。。
ご丁寧にもwikipediaに書いてあった。山海商事って実は一流企業なのか?!

8maki 未分類

論語に説く人物観察術 『視・観・察』

4月 19th, 2007

confucius.jpg

今週のベンチャー通信でSBI・CEOの北尾さんが人物観察法として論語の「視・観・察」を挙げられていました。

論語なんて受験時代の漢文以来まったくもって手をつけませんでしたが、ちょっとおもしろかったので調べてみました。

[原文]

為政第二之十

    子曰、視其所以、觀其所由、察其所安、人焉捜哉、人焉捜哉

[通釈]

孔子云う、「一にその人の行為をよく注意して視(み)る。二にその行為の拠って来たる原因・動機を観(み)る。三にその人がどんな所に安らぎを求めているかを察(み)る。この様にすれば、その人の正体はすっかり分かってしまうものだ。どうして隠せようか」と。

「視」とはその人の行動を観察すること。

まずは外から見て判断できる部分から観察します。
「ヒトは見た目が9割」とは言いますが、人は見た目だけで大体判断できるという意味ではなく、性格や考えなどの人間性は外見にもにじみ出てくるということです。

「筋の通った行動をしているか?」

一番評価しやすく、わかりやすい部分かもしれません。

「観」とはその人の行動の動機を調べること。

次にその人がなぜ上記のような行動をしているか、を知ることです。
そこからその人の内面が見えてくるのではないでしょうか?
その人と話してみないとわからない部分ではありますが、情熱的に動機・夢を語る人って魅力的な人が多いですよね。

私が思うに、最近の若い人は動機がしっかりしていない、あるいは動機を語るということがあまり無いのかもしれません。

「なんでそんなことしてんの?」

私はもっと他の人の考えてることが知りたい。
この問いかけを大事にして人と接していきたいところです。

「察」とはその人がその行為に満足しているかどうかを知ること。

その人の終極の目的は何だったのかを考えてみる、と北尾さんはおっしゃっています。

「じゃあ、将来何になっていたい?」

と、最近私は友人に問いかけることが増えました。
何か今とは違う、次のアクションを起こしてほしい、あるいは掘り起こしたいためだから、なんて偉そうな理由ではないですが、今このことを知って考えるとそういったも考えもあったのかもしれません。

ただ、この部分は私含めて中々考えづらいところです。
他人に限らず自分でも再考していかなければならない問いなのではないでしょうか。

また、渋沢栄一もこのようなことを言っています。

視、観、察の三つをもって
人を職別せぬばならぬものだというのが、
孔夫子の遺訓である。

視も、観も共に「ミル」と読むが、
視は単に外形を肉眼によって見るだけのことで、
観の外形よりも更に立ち入ってその奥に進み、
肉眼のみならず心眼を開いて見ることである。

起業家の場合だと、特に観るということが大事だと北尾さんはおっしゃっています。
なぜ起業したのか?」これが起業家にとって非常に重要なファクターとなります。
つまり志を持って起業したのか、という問いに帰結します。

野心と志は違う。
志は人のため。野心は所詮自分のためでしかない。

まだまだ会ったことのある人など少ない我々ですが、これから就活を控える大学生にとっても、企業を見て回る上で『観る』ことを怠ってはいけませんね。

【参考】

渋沢栄一「論語」の読み方
渋沢 栄一 竹内 均
三笠書房 (2004/10)
売り上げランキング: 2770
おすすめ度の平均: 5.0

5 漢字の羅列に息吹を吹き込む論語最高の解説書
5 「人」になりたいならば読みましょう!
5 何度も読みたい本です。

8maki 未分類

システム系学生ベンチャー飲み

4月 18th, 2007

を開催した。

8maki.jpg

参加企業は以下。

  • 有限会社mode-Duo
  • 三宝ソリューション合同会社
  • 株式会社フォリフ
  • ウノウ株式会社(特別編)

全員システムがわかるエンジニア経験者なのでウェブサービス、IT案件いろいろ話が盛り上がった。
特別にウノウのCTOの尾藤さんにも参加していただき、かなり濃ゆい話もできた。
(内容を友人がブログに書いてたので晒し上げ→「ウノウ尾藤さん」

個人的に、vimの話にはテンションがあがった。
行内での移動はwかf*か!

今回は俺主催ということでいろいろ店取ったりしたんだが、こういう飲みというよりもセッション系のイベント幹事って大変だと改めて実感。
まあなあなあでいけるぐらいのスタンスがいいんだけどw

もっと学生ベンチャー同士の交流があったらな、と思うが俺自身IT以外の企業にまったく興味がないので引っぱろうとかいう気も無い。
まあ誰かやるっしょ!w

定期的にこういう会を主催していきたいので、白羽の矢がたったらおあいにく様!
(特にIT系ご注意)

8maki 未分類

AMNブログイベント 「ブログとクチコミ」にいってきた

4月 17th, 2007

AMNブログイベント 「ブログとクチコミ」てのに行ってきた。

コンテンツとしては、何はともあれ本を読みましょう!、って感じだったけど大きく二つのポイント

1.小飼弾さんの速読動画もシコミだった?!

いや、別に狙ったわけじゃないけど、これも大きくプロモーションに貢献したらしい。

http://www.youtube.com/watch?v=s7wEesGmQQ4

『クチコミの技術』という本なのにクチコミが起きなかったらシャレならん、ということで色々仕込んでたみたい。

  • 有名ブロガーへの献本
  • 公式ブログ立ち上げ
  • Youtubeに動画をアップ
  • PDF配布(一章丸ごと)
  • LivedoorReader用の今回かかわったブログパック提供
  • コラム連載/セミナー etc…

そもそも「オネダリボーイズなどクチコミのノウハウがたまってきた」からというのも本を書いた理由の一つで、この本のプロモーションで存分に実践してみた、とのこと。

いやはや色々やります。

2.企業のマーケティング担当者もブロガーの井戸端会議に参加せよ

最近ブログを使ったPR活動がここかしこで行われているけど、実際成功している企業って少ない。
なぜならブロガーの空気を読んでないものが多いから。

かくいうブロガーの空気とは、、、を読んでください^^;

また大企業がブログマーケティングに参入するのも難しいかもね。
なぜなら上司の申請やら稟議やらスピードが遅いから。

ブログは全業界一スピードの速い業界、ちんたらしてたら過去の産物となってしまう。
スピードが求められるいま、ここにも大企業の組織形態の問題が浮き彫りとなっているのかもしれない。

クチコミの技術 広告に頼らない共感型マーケティング
コグレ マサト いしたに まさき
日経BP社 (2007/03/29)
売り上げランキング: 218

8maki 未分類

「イーモバイルの取材」と題した第3回ブログメディア研究会に参加してきた

4月 13th, 2007

今回は第3回ブログメディア研究会に行ってきた。

itmedia.jpg

田口さんがらみのイベントだけど、参加は初。

今回の研究会は、ついに“取材”です。IT企業の担当者をお招きしますので、参加ブロガーは日ごろ聞きたいことをぶつけるチャンスです。

というもの。

普段取材同行などにはしょっちゅう行くのだが、改めて”取材”自体を勉強するのは初めて。
以下アジェンダ。

1.ITmedia高木さん/百式田口さんの取材時に気をつけてること
2.イーモバイルの五十嵐さんのイーモバイル話
3.参加者、五十嵐さんに聞きたいこと質問列挙
4.五十嵐さん、おもしろい質問など被取材者の視点を知る
5.実際に質問に答えてもらう
6.実際に書くであろう記事のタイトルと概要を発表→討論
7.EM-ONEほしい

1.ITmedia高木さん/百式田口さんの取材時に気をつけてること

・高木さんの話
 自分の感覚を大事に。→生々しい取材に?
 やり残しが内容に気をつける。二度はない。資料とか。
・田口さんの話
 :Before
  googleで名前で調べとく。その人のインタビュー記事ははじめに抑えておく。(何度も言わすな)
 :Interview
  :一番最初で調べたことを言う(俺は調べてきた。真剣インパクト)
   「あのインタビューでこう答えられてましたけど。」
  :録音しない。-集中力がまず途切れる。
          -聞くのに時間がかかる。
  :時系列→変化を聞いて→理由を聞く
 :Write
  :聞いた順番で書かない。1から5で書かない。STARWARS形式。
  :聞いたフレーズから書き始め。
  :言った言葉=文章ではない。ちゃんと推敲。×「そんなんでしょうかね?」
  :テープおこしがインタビューじゃない。

いつか田口さんがブログに書いちゃう|他の参加者の方がまとめてくれてそうなのでメモだけ引用。

なお、実際のイーモバイル五十嵐さんの取材記事はおいおい。

少人数で楽しいイベントだった。

【関連】
ITmedia Biz.ID:イー・モバイルから聞いたこと、ブロガーがまとめたこと
ITmedia Biz.ID:なぜ「指、来たっす」はCMから消えたのか――イー・モバイルにブロガーが迫る

8maki 未分類

CIO vs. コンサルタントベンダー

4月 9th, 2007

cio.gif

あなたは、コンサルタントを上手に「使える」か // CIO Magazine

この記事を読んで、自分のキャリア:大手外資コンサル志向に翳りが見えた。

 それらの会社(5大コンサルベンダ)、ここ数年、ITにまつわるユーザー企業のメガ・プロジェクトを一手に引き受けてきた。。
だが、今や、彼らに対するユーザーの信頼は急激に低下している。。
その注文に、現在多くのCIOが、本来大規模なプロジェクトを小規模なサブ・プロジェクトに分割して独力で運営したり、仮にコンサルティング・ベンダーに依頼するにしても要求を厳しいものに変えたりといった対抗策を取り始めているのだ。

CIO Magazineの2003年6月号の記事だそうだが、日本でも高額なコンサルに対しての拒否反応が見えつつあるのを感じる。

今まで私はCIOへのキャリアとして、外資コンサルに勤めてみたい、という心持であった。
» 外資コンサルへの覚悟
» 外資コンサルの智恵
しかしこれほどコンサルに対して不信感を抱いているCIOがいようとは。

 また、プロジェクトがスケジュールや予算を守って完了したか、あるいはどれほどの成果を上げたかといった“結果”に関係なく、コンサルタントがプロジェクトに費やした“時間”を基準に報酬を受け取っていくことに、不満を抱いているCIOも少なくない。
 コストや料金設定の問題は、ユーザーの“コンサルタント不信”を引き起こす最大の元凶となっている。
 だが、正式な採用が決まったとたんに、エメラルドは、見積もり額を一気に1,500万ドルにまで跳ね上げた。同社は、仕事を獲得するために当初見積もりをわざと低めに設定していたのである。

やはりコンサルティング料の”高さ”に問題があるようだ。
ユーザー企業がコンサルティングの高さに気づき始めている。
それも初期費用だけでなく、「採用してみたら結局高くついていた。」という結果からも不信感が募っている、というのである。

これは少なからずとも外資コンサルに、約束された高給与を期待できなくなってきている、ということではないか。
たしかにビジネスの性質から価格競争に陥ることは無いと思うが、よりシビアな目でコンサルの給与について議論されるのは明白だ。
外資コンサル志望理由の一つとも言える「高い給料」というのも考え直さなければならない局面になってきている。

そして、この記事を読んで最もはっとさせられたのがこの一文。

 「経験豊富な“やり手”もやっては来るが、頭が良くて口は達者だがソフトウェアへの理解が浅く、プロジェクトが進む中で学習を積もうというようなやからも多かった」(同氏)
 業界関係者の間では、コンサルティング・ベンダーのこうした姿勢は“スクール・バス効果”と呼ばれている。経験不足のコンサルタントがユーザーから報酬を得ながら研修をこなし、やがて“それなり”の人材に育っていくことを揶揄したものだ。
 こうした事態が一般化している背景には、人材不足に陥った大手コンサルティング・ベンダーが、大学を出たての若年者を雇い始めたことがある。これにより、ユーザーとコンサルタントの間の能力が“逆転”してしまったわけである。

事実、アクセンチュアなんかは日本でも、最近かなり多くの新卒採用を行っている。

外資コンサルを志望する理由の一つに、「入社して即実践で成長できる。」というのが挙げられると思うが、逆に言えば、これは「入社直後は特に実績は無いけど、ユーザー企業を利用して成長してまえ。」的なことにならないだろうか。

それではユーザー企業の信頼を得られず、結局中途半端な結果に終わってしまわないだろうか。
お互いに。

とまあ思ったことだけをつらつらと書いて結論がない。
来年就活で外資コンサルも考えている人、一緒にこの問題を考えてみようぜ!

 それでは、コンサルタントを使いながら重要なメガ・プロジェクトを首尾よく成功させるために、CIOがなすべきことは何なのだろうか。以下、お勧めできるアプローチをいくつか紹介しよう。
【強力なプロジェクト・マネジメントを】
 まず、第1のアプローチは、IT部門がプロジェクト・マネジメントの能力を磨くということだ
【TPOに応じた料金契約を】
 また、プロジェクト・マネジメントを行うために必要な体制を組めない企業の場合には、料金体系を工夫することをお勧めしたい。固定料金や成果分配、上限設定といった仕掛けが、見えないプロジェクト・マネジャーとして機能してくれるだろう。

【番外】
コンサルタントを効果的に“使う”ための10カ条 // CIO Online

【関連】
外資コンサルへの覚悟
外資コンサルの智恵

8maki 未分類

CitizenTube – Official Political Vlog

4月 7th, 2007

さて、明日はもう統一地方選挙日ですね。

外山恒一がyoutubeを賑わせているいるのは有名です。
Youtubeが政治界隈でも利用されているのはよく目にするのですが、CitizentubeなるものがYoutubeから公式公開されました。

» Citizentube

ここではYoutubeの政治分野のエディター(編集者とでも言いますか)、Steve GroveがYoutube内の政治的な動画を集めて編集して公開するようです。

VlogというのはVoice & Blogという意味なのでしょうね。

Youtubeの公式ブログに、

Citizentube’s mission is to add fuel to the revolution that is YouTube politics.

» Introductioning Citizentube

とあります。いわばYoutube上での政治活動・議論・改革をさらに活発化させたいことが狙いのようです。

また、SplashCastのブログでは、

Will Steve effectively be an official representative of the politics of the GooTube giant? In some ways, he just may.

» SplashCast

これでSteveがGoogle-Youtube巨大帝国の公式政治見解人になっちゃうね。」と示唆しています。
たしかにその通りで、今やYoutubeの政界におけるインパクトは大きいことでしょう。

ちなみにSplashCastではCitizentubeの動画をRSSで配信するSplashCastプレーヤーなるものも作って公開しているので、今後もCitizentubeの動向を知りたい人は是非

しかし政治に関する議論のプラットフォームを目指すというのも新しいWebの切り口ですね。
日本ではそういった議論系サイトは2chぐらいしか見ない気がします。。。

8maki 未分類