Home > 未分類 > 人間力と5W2H2F

人間力と5W2H2F

今日はTMFCreateさんという会社にお邪魔して社長にお話を伺った。

社長は元ヤンとのことだが、外資系のHPで働いていたらしく、かなりのお金持ちのようなオーラだった。
けれどもそれ以上に話がすごかった。うまい、とかではなく、、、すごかった。

その中で2つの話をピックアップ。

学生のうちではアプリケーションスキルよりもOSや人間力を磨くことに尽力せよ
ningenryoku.JPG
右の図を見るとわかりやすいのだが、

人間力とは自分の基礎を形作っているもの、受容力や集中力、忍耐力、体力といった能力のこと。

対して、OSとはコミュニケーション力やビジネススキル、営業力といった実践力。

アプリケーションスキル(以下AS)とは、パソコン能力だとか工学だとか知識領域における力。

そこで社長はもっとも大事なのは人間力だと。

たしかにASは必要だ。
俺の従事るプログラマーなんか、もろプログラミング能力といったASで評価される。
実務2年でjava・php・perlが書けるから×人月○○万といった具合に。

だがこのスキルって土俵が変わったり時間が過ぎたりすると役に立たないことが多い。
Oracleの神と言われた西谷さんもwindowsに移ってぜんぜん仕事ができなくなったと、社長がおっしゃっていた。

そういう変化にも柔軟に対応するためにも人間力やOSといった基盤をしっかりすること、ASとのバランスが大事だと。

まあプログラミングのセンスや経験なんかはOSに当たると思うけどね。

そしてもう一個大事なキーワード「5W2H2F

学生のうちでは5W1H(Why、What、Where、When、Who、How)で事足りる。
しかし社会人になるとこれらに加えて1H2Fが必要となる、と。

How much・・・いくらかかるのか→コスト
For what・・・何のために→目的
For whom・・・誰のために

学生だと、プロジェクトに無尽蔵に時間がかけられるっぽいけど、社会人だとコストも意識しないといけないし、目的意識もはっきりさせないといけない。
つまり責任とういものがまとわりつく。
ってことかな~

ビジネスにおいてこの9項目を意識すること、今後の課題となったわ。

他にも目的の落し込みの話とかおもしろかった。
あとおもしろいSNSも開発されてるとのことなので、近いうちにまた遊びに行きたい。
SNS2.0についても語ってみたい。

Similar Posts:

8maki 未分類

  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.